2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 大ブルックナー展。 | トップページ

大ブルックナー展の千秋楽。

2017年5月21日(日)15:00開演(14:15開場)
兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

<出演>
指揮:井上道義
ヴァイオリン:前橋汀子

<曲目>
ショーソン/詩曲 作品25
マスネ/タイスの瞑想曲
(アンコール)J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番より「ガヴォット」
ブルックナー/交響曲第9番 ニ短調(ノヴァーク版)

(以下ブログネタ)
大阪フィルの首席指揮者契約を予定通り3年で終えた井上道義さん。
忸怩たる想いが短く綴られたブログ。
http://www.michiyoshi-inoue.com/2017/02/_505_1.html#blog

演奏後のブログも是非ご覧ください。
こちらにも、マエストロの忸怩たる想いが行間に綴られています。
http://www.michiyoshi-inoue.com/2017/05/_vol6.html#blog

今年からミュージックアドバイザーに就任し、来年から3代目音楽監督に就任する尾高氏の手腕が問われよう。先代監督・桂冠指揮者の大植さんほどの急先鋒になる必要はないが、井上さんの力を以てしても達し得なかった新境地を切り開く事は出来るのだろうか。

いずれにせよ、「大ブルックナー展」がいよいよ千秋楽を迎える。
第9番は何度か実演に接してきたが、指揮者の解釈により自らの人生観が垣間見える一面もある。
喜寿を迎え、いよいよ円熟を極めようとしているマエストロの達観は、どのようなものなのだろうか。

兵庫芸術文化センターに少し早めに到着すると、中ホールの落語家独演会でロビーが賑わう。
落語も一度巧い噺家に接してしまうと魅かれてしまうのだろうが、まだそのような出会いはない。
漫談家は、関西の最終兵器だったテントさんの奇怪な実演に度々接する事が出来たのは幸いだったが。

座席は、予約が遅れた事もあり3階席のB席。
正直ベストではないが、サービス的には3階にもミニホワイエがある事を知ったのは収穫。
ここにもあると知っていれば、1階のホワイエで生ぬるい赤ワインのグラスを傾ける事はなかったのだが。

前半は、独奏ヴァイオリストを迎えて抒情的な2曲の旋律に浸る。
ブル9の前菜としては、こういう曲が合っているのかも知れない。
前橋さんの繊細かつ雄弁な語り口と、井上さんの良い意味でねちっこい指揮が、2曲見事に歌い上げる。
アンコールのパルティータも、少々男勝りな感じすらする旋律が大阪フィルへの激励に感じられた。

15分の休憩が始まるや否や、3階ミニホワイエに速足で駆けつけ、よく冷えた白ワインで喉を潤す。
今日は、渋みのある赤ワインよりもフルーティーな微風を感じられる白ワインの方が好みだった。

いよいよメインディッシュ。
第1楽章・第2楽章とも、もう少し雄弁に語っても良いはずだが、あえてゆとりあるテンポで歩み続ける。
端的に現れた効果は、いつも肝心なところで音を外して興覚めさせてくれる金管のミスに苦笑する場面が少なかったこと。
この3年間、金管が今日のような丁寧な吹奏を響かせていたら、井上さんのお考えも違ったものになっていただろう。
弦楽・管楽ともに素人である私ですらそう思えるのだから、先ほど紹介した井上さんのブログの行間たるや。
もう少し早いテンポでも確実な吹奏を魅せられるのであれば、今日の演奏の緩慢とした印象も変わったかも知れない。尾高さんが実現するのを期待したい。
第3楽章のアダージョは、テンポの緩慢さを気にすることなく、心地よい白鳥の歌がホールに広がる。
ラストの音がホールから消え切らないうちに拍手が沸き起こってしまったのが、残念でならない。
そういう観客の態度にも、井上さんは思うところがあったのかも知れない。

いろいろ思いが巡るが、大阪交響楽団から児玉前監督が、大阪フィルから井上さんがそれぞれ去ることの重みに関西クラシックファンが気付くのは、いつの事になるのだろうか。

« 大ブルックナー展。 | トップページ

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17088/65311903

この記事へのトラックバック一覧です: 大ブルックナー展の千秋楽。:

« 大ブルックナー展。 | トップページ