2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 30周年への助走、または… | トップページ | 道の駅きっぷを集める。パート68 »

今年の完乗予定2014。

「来年の完乗予定2013。」から、はや1年。
http://takachu.cocolog-nifty.com/hitorigoto/2012/12/2013-801d.html

予言通り、2013年は1991年から2012年まで細々と続けていた乗りつぶし距離が1mも伸びなかった。
20年間ひたすら乗り歩いてきたなか、久しぶりの小休止となった。

おそらく、今年も新鮮な新線に出会うことはないだろう。
未乗区間が2%未満になってから久しいが、この2%を解消するまでのハードルは果てしなく高い。

来年もまた、同じような日記を書くことになるのだろうか。

« 30周年への助走、または… | トップページ | 道の駅きっぷを集める。パート68 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

(訂正)
前のコメントでは、この3年は少しづつですが、新規乗車区間を伸ばせています、と書きましたが、あやふやな記憶を辿ってゆくと、新規乗車が全くないと思われた4年前には若狭鉄道を、7年前には、その時に乗車した大阪の地下鉄のうち、少なくとも中央線阿波座-本町が新規と思われ(あと千日前線の一部も新規だったかも)、昭和63年以降はどうやら毎年1m以上の新規乗車があったようでした。遠方への旅行で乗車した場合は、割と覚えているのですが、近場や大都市圏の路線の乗車の記録が特にあやふやになっています。

こちらでは久々に書き込みいたします。

昨年も結構な頻度でお出かけされていたように見受けられましたので、新規乗車区間が1mも伸びなかったのは意外な気がしましたが、もうほぼ増やしようがないところまで行き着いていたことを思い出し、納得しました。

僕は、一時期を除き、きちんと記録を付けていなかったので、いつ乗車し、現時点でどの程度乗車できているかということがはっきり分からなくなってきていますが(時期が経つと記憶があやふや)、この3年は少しづつですが、新規乗車区間を伸ばせています。昨年ですと、ラクテンチのケーブル、しなの鉄道に移行したことによる乗り直し、名鉄蒲郡線、西尾線のほか、名古屋の地下鉄東山線、リニモも部分的新規乗車できました。

ただ、鉄道を使った旅行をする機会はそう多くなく、どう考えても今のペースでは全線乗車というのは到底考えられません。なかなか、達成できないでいるとはいえ、手が届くところにいる松之助師匠は凄いな、と改めて思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17088/58878924

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の完乗予定2014。:

« 30周年への助走、または… | トップページ | 道の駅きっぷを集める。パート68 »